サントレ Scientific Training 言葉の教育

サントレ・言葉の教育とは?

美しい心は、美しい言葉から生まれる

「サントレ・言葉の教育」は、子供達のための「言葉の教育プログラム」です。

「サントレ・言葉の教育」は、映像と漢字かな交じり文の絵本を使い、遊び感覚でたくさんの言葉に触れることで、子供達の能力を育む教育です。美しい言葉・優しい言葉・尊い言葉を日々惜しみなく与え、躾・敬う心・思いやる心・考えて話す力を養います。「耳で聞く」「目で見る」「声に出して読む」の要素を取り入れ、勉強ではなく子供達は先生との「言葉遊び」の中から言葉を習得していきます。

「言葉は子供達の心を育む母乳である」

人間は物事を考え、それを伝える時には必ず言葉を使います。「言葉は子供達の心を育む母乳である」とも言われるように、言葉は子供達の心を豊かにする栄養であると言えます。
私達が毎日使う言葉には、「徳性・情緒・感性を生み出す」「知的活動(理解・思考)の基盤」「コミュニケーションの基盤」という3つの役割があります。言葉の習得の最適期は、7歳から8歳頃までと言われ、言葉を使う能力の基礎はこれ以前にほぼ完成するため、幼少期の言葉の教育が重要になります。「サントレ・言葉の教育」は、全ての学びに優先したい基礎教育です。

花に水やる子供達

昨今、早期教育が騒がれていますが、英語や体操、音楽などさまざまなカリキュラムや教育を種とした場合、それを蒔く土壌を豊にする教育が「サントレ・言葉の教育」です。土壌が豊かでなければ、どんなに良い種を蒔いても大きく育つことは難しいでしょう。言葉の栄養で「土壌=子供の心」が豊かになれば、どんな種も大きな実を結びます。