サントレ Scientific Training 言葉の教育

よくあるご質問

Q1 ひらがなも読めないのに漢字を学ぶのはなぜ?

A 子供にとっては、漢字の方が易しい!

大人は常識として「ひらがなは易しい、漢字は難しい」と考えます。しかし、子供の目線で見ると、漢字を図形としてとらえるため、情報量が多い漢字の方が易しいと感じます。「蟻」や「麒麟」など複雑な漢字ほど手掛かりが多いので、すぐに読めてしまいます。

Q2 絵本の読み聞かせだけではいけないのですか?

A 読み聞かせだけでは足りない…「音読」で脳が活性化されます。

サントレでも、「読み聞かせ」から始まり「音読」へと移行していきます。ご両親や先生から絵本を読んでもらうことは子供達にとってかけがえのない時間です。しかし、脳科学的な観点からは、子供達が声に出して読む「音読」こそが重要なのです。音読は目・口・耳の全てを使い、たくさんの刺激を脳に与えるため、脳の全身運動とも言われます。
また、思考や記憶、感情のコントロールや判断能力など、脳の中で最も重要な働きをする前頭前野を鍛えることが出来るのです。

Q3 子供逹に、美しい日本語にたくさん触れて欲しいと考えるからです。

A 子供にとっては、漢字の方が易しい!

子供達は古典などの文語文のリズムや響きがとても大好きです。意味を詳しく理解するのではなく、楽しいリズムで声に出して読むことで美しい日本語に触れていきます。
美しい字を書くには美しい字のお手本が必要なように、良き生き方には良き生き方のお手本が必要です。古典にはそういった良き生き方のお手本となるような言葉が数多く含まれています。父祖伝来の美しい日本語である古典は子供達にとって一生の宝となることでしょう。

Q4 瞑想とは何ですか?

A 目を閉じて心を落ち着かせることです。

サントレの瞑想は、クラシックの音楽を聞きながら姿勢を正し、心を落ち着かせる時間です。瞑想を行うことで、子供達は「静」から「動」、「動」から「静」への切り替えがスムーズにできるようになります。毎日の瞑想により、我慢する心を養い、自律を促します。自ら考えて行動する力が身に付きます。

Q5 サントレを行うことで、子供にどのような効果・変化があるのですか?

A 情緒が安定し、自分の言葉で気持ちを伝えられるようになります。

絵本や諺・俳句・短歌などの朗読をくり返し読むことで、子供達はたくさんの言葉(語彙)を習得します。言葉(語彙)が増えると表現力が豊かになり、伝えたいことを自分の言葉で表現できるようになります。また、絵本が読めるようになると、本が好きになり、文字・言葉への興味も高まります。そして瞑想を通して、自ら考えて行動する力が身に付きます。

Q6 なぜ映像を使用するのですか?

A 子供逹には良いお手本となり、先生にはゆとりを与えるためです。

映像を使用する事で、本物の発音・イントネーション・声の出し方など、正しい言葉を聞くことができます。そしてもう1つは、子供達一人ひとりの様子を先生が注意深く気にかけるゆとりが生まれることです。始めは映像を使いますが、次第に絵本やカードを活用するカリキュラムに入っていきます。映像というデジタル教育から、絵本やカードを使用したアナログ教育へ段階的に移行していきます。

Q7 子供にサントレを行わせたいのですが。

A サントレを導入している園をご紹介いたします。

お住まいの地域にサントレを行っている園があるかをお調べいたしますので、是非お問い合わせください。サントレは幼稚園・保育園・小学校向けの教材となっておりますので、ご家庭への個人販売は行っておりません。東京都には新宿区と中央区に私達が運営する「サントレ教室」がございます。

質問一覧へ戻る